地方から上京してきて、今まで3回引っ越しまし

地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。
そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら頑丈な荷物になります。
スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても強度の差は歴然としています。
壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。
今回、引越しをする予定が固まったとき、住民票の移動の処理は、早めにしておこうと考えていました。
まず、私が転出届の手続を行って、主人は転入届を引越しの当日に転入先の役所へ提出できるよう日取りを考えて段取りをちゃんとしておいて引越ししました。
他にも引越しのときには多くの手続きにわずらわされるのでひとつひとつを忘れないように書き出しておいて計画的に進めておくことが大事だと思います。仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣に住んでいる人のことを全くわからないということがごく普通になっています。
それでも、日常の挨拶や何かあったときに助け合うくらいの関係は保っていた方が良いでしょう。良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、両隣に挨拶をすることがポイントになります。
引越しはかなり大変ですが、犬を飼っている方の場合は もっと大がかりになるではないかと思います。なぜかというと、引越し当日、犬が家を移るときの妨げにならないように気を付けておく必要があるからです。
犬を転居先まで連れて、引越しトラックが到着するまで間に合っていなければなりません。引越しを業者に要望する場合、衣類掛けにかかっているコートなどの服をあらかじめ外してたただんりする必要はないです。業者がハンガーが下げられる大きめの段ボールを持ってきてくださって、それに入れてそのまま、トラックで輸送してくれます。
シワも印されないので、助けになります。「引越しソバ」という慣習とは転居の際に近くの家の人にご挨拶として持っていくものです。
私も以前もらったことがございます。細長いソバのように、末永いご縁を今後ともどうぞよろしくお願いします。という意味があるようです。ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更届が必要になりますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか心配になるかもしれません。
これは単純な話で、ナンバープレートの変更は陸運局の管轄地域が問題になってきます。
その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければ同じナンバープレートを使えますが、管轄する陸運局が変わればナンバープレートも変更しなくてはなりません。世帯全体での引っ越し経験があれば誰でも思い当たることでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。
自分の引っ越しでも経験してきたことですが、簡単な手続きをすれば解約はできます。
しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので決して忘れてはなりません。
その場合は、転居していても月末まで料金を請求されるのが普通です。先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、そのときの対応が今でも気になっています。
液晶テレビの運搬に限って専用の保険があると言うのです。
そのとき運んでもらったのは40型の液晶テレビで、購入したときの価格が30万円以上の品は、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。
テレビのためだけに約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかずっと疑問に感じています。
通常引っ越しをする時は、nhkには住所変更の一報を申請しなければなりません。
転居のタイミングにnhkを解約することを、望んでいても、nhkは受信契約の解約にあっさり応じてはくれませんが、テレビを捨てたり、第三者に所有権が移行したことを客観的に、信証がとれれば解約できることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です