引っ越しを翌日に控えたら、寝る前

引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業を終えて運び出すのは何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。
荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、当日の関係者のために冷たい飲み物を準備することが大事です。
少しでも飲み物があれば、暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。
引っ越し決断に伴い、エアコンを処分しなければならなくなりました。
普通の賃貸物件ですと、エアコンが装備されてます。自分が住んでいる場所は、古くからの寮だったため、エアコンが欲しければ自分で用意しないといけませんでした。ああいう寮じゃなく、賃貸にした方がよかったなと悔やんでいます。
引っ越し業者を使わずに、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って荷造りをしたり、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。
引っ越しの負担を軽減するためには、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。
それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。もちろん計画に則ってテキパキ作業をすすめられるのであれば問題ありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。
ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。
我が家は近頃、三回目の引越しの経験をしました。
引越しをすることは毎回大変ですが、慣れてしまえばなんともありません。荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除や片付けをしてくれます。しかし、今回は洗濯機の水抜きを忘れてしまったようで、新居の洗面所が水びたしになりました。
エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。ただ賃貸住宅の場合、退去時に、大家さんや管理人といった立場の人に部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか問い合わせてみましょう。
部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、あっさり希望が通ることがあるのです。
こういった場合ですとその分、工事費用がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。引っ越しにかかる料金は、割引になることも少なくないのです。私の引っ越しの時も割引になりました。
1人暮らしで荷物が少ないということで、軽のトラックで荷物を運ぶことになり、それに応じて費用が大きく下がりました。
また、荷物をまとめるのも大部分を、自分でやったため、予定していたよりもかなり安い値段ですみました。引越しする際にエアコンの取り外しが一向にわかりませんでした。
知人に聞いたら、自分でするなんて絶対にできないと言われたのです。
そこで、エアコン取り付け業者にお願いして、新居へ持っていけるように、取り外しをお願いしたのです。すぐに取り外していて、とても脱帽しました。
天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。
業者に荷造りを全部任せているのなら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。
スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。
特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方が良いのか悩んでいるという話も耳にしますが、やはり転居元と転居先の隣近所に向けて忘れずに挨拶するのが良いでしょう。
挨拶をサボると隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。
今後、迷惑をかけてしまう可能性のある隣人たちには、可能な限り挨拶をするのがおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です